* イベント画像をクリックすると、該当ページに飛びます。 

 

我々は互いに自転する惑星である

2003年4月に、演出家・劇作家・役者の日疋士郎の元、旗揚げしたプロデュース集団です。演劇・映像・音楽・文学など多岐に渡る芸術の発信基地となることを目指しています。
 


詩人。ぷろじぇくと☆ぷらねっと代表・劇作・演出・役者。 
2014年よりぷろ☆ぷらのすべての活動をただ一人で運営する。
 
第10回(2014年)、第12回(2016年)の2回、「文芸思潮現代詩賞」にて最優秀賞を受賞。
詩的な長台詞を盛り込んだ独自の世界観の舞台は、美しいビジュアルにも定評がある。
公演の観客には、受賞をきっかけに、文学や音楽、美術関係者などアートに関わる人が増えてきている。
また近年、作詞、外部演出やプロデュース、映画出演、映画の演出補佐など広範囲で活動している。
 
 

お知らせ

2017.08.06

ぷろ☆ぷらライブvol.3、終了致しました。
  ご来場いただきましたお客様、誠にありがとうございました!!

*イベント情報は 『活動履歴』(舞台) に移動しました。

次回番外公演(9月)の詳細を更新しました!
  LinkIcon関連:『次回公演』

   ぷろじぇくと☆ぷらねっと番外公演vol.2
    『AG+(エージープラス)』

  2017年9月14日(木)〜17日(日)

  会場: nakano f (東京都中野区)

関連商品

ご購入や商品に関してのご質問など、 お問合せフォーム にてお問合せください。

日疋士郎詩集『天の音楽』(アジア文化社刊)

 

第九回現代詩賞優秀賞受賞作3篇
(『震える水槽(眠れぬひとへ)』『コオク・スクリウ』『Sing!』)
 
第十回現代詩賞最優秀賞受賞作3篇
(『衣衣』『花』『星待ち(カムアウト)』)
 
 他、新作含む計12篇を掲載!
 

舞台『核の信託』DVD、戯曲販売中!!


原爆被爆70周年 終戦70周年 特別企画演劇公演
『核の信託』 ―原爆をだれの手にゆだねるか―
文芸思潮「希望座」/ぷろじぇくと☆ぷらねっと 共同企画
(2015年上演)
 
戯曲原作・企画:
 五十嵐勉(作家・「文芸思潮」編集長)
演出・プロデュース:
 日疋士郎(ぷろじぇくと☆ぷらねっと代表)